ストトン表記

ストトン表記とは、音楽を日本語で打ち込むための構文で、簡単に音楽を打ち込むことができます。
MML表記よりは機能に劣りますが、MML表記とストトン表記の混在は可能です。

すととんは、付属のnsc.exeをご使用の場合はShift-JISで記述してください。
それ以外の環境にてビルドした場合は、その環境に合わせた文字コードで記述してください。

全体のコマンド

曲や効果音の設定・記述をするためのコマンド群です。

コマンド一覧
コマンド 内容
曲名 "曲名" タイトル名を設定します。
作曲 "作曲者" 作曲者を設定します。
作者 "作者" 著作権者を設定します。
コード "コード名" リンクするNSF用のROMコードを指定します。(Default: name = `nsd.bin')
読む "ファイル名" 外部ファイルを呼び込みます。
音楽数 n BGMの曲数を設定します。(Default: n = 1)
効果音数 n SE の曲数を設定します。(Default: n = 0)
エンベロープ(n){
音量推移パターン
}
n番の音量推移(エンベロープ)パターンの記述ブロックです。
音量推移(エンベロープ)パターンの記述は、音量推移(エンベロープ)パターンの記法の項を参照ください。
ビブラート(n){
音程推移パターン
}
n番の音程推移(ビブラート)パターンの記述ブロックです。
音程推移(ビブラート)パターンの記述は、音程推移(ビブラート)パターンの記法の項を参照ください。
音楽(n){
音楽データ
}
n番目のBGMのシーケンスの記述ブロックです。
シーケンスパターンの記述は、音楽・効果音の記法の項を参照ください。
番号は0からカウントします。
効果音(n){
効果音データ
}
n番目のSE のシーケンスの記述ブロックです。
シーケンスパターンの記述は、音楽・効果音の記法の項を参照ください。
番号は0からカウントします。
;コメント 1行コメントです。改行までの記述を無視します。
(各記述ブロック内でも有効です)
//コメント 1行コメントです。改行までの記述を無視します。
(各記述ブロック内でも有効です)
/*コメント*/ 範囲コメントです。 /* と */ の間の記述を無視します。
(各記述ブロック内でも有効です)

音楽・効果音の記法

シーケンスパターンの記法です。

ストトン表記 同等のMML表記内容
a音符 (A, La, ラ)
b音符 (B, Si, シ)
c音符 (C, Do, ド)
d音符 (D, Re, レ)
e音符 (E, Mi, ミ)
ファ f音符 (F, Fa, ファ)
g音符 (G, Sol, ソ)
^タイ
ン, ッ r休符
音符 l音長を省略した時に適用する音長
音色 @音色
音階 oオクターブ
↑, 上 >オクターブ+1
↓, 下 <オクターブ−1
"オクターブ−1(次の音符のみ)
`オクターブ+1(次の音符のみ)
音量 v音量
小さく(音量−1
大きく)音量+1
調{} K{}調号(自動臨時記号)
エコー EC疑似エコー
エコーオフ EC*疑似エコー・オフ
エンベロープ Ev音量推移パターンの指定
エンベロープオフEv*音量推移オフ
ゲート qゲートタイム(発音終了を早めるtick数)
ディチューン Dディチューン
テンポ tテンポ
t_-4meno mosso
t_+4piu mosso
トラック TRトラック
ビブラート Emビブラート・パターンの指定
ビブラートオフ Em*ビブラート・オフ
ポルタメント Pポルタメント
L無限ループの開始位置
【 : 】 [ : ]リピート(A)
|: ¥ :| |: \ :|リピート(B)
|小節線(コンパイルには反映されません)

音量推移(エンベロープ)パターンの記法

音量推移(エンベロープ)パターンの記法です。

Command Contens
n 音量値(n = 0 〜 15)
Dn 前回の音量値をn+1フレーム間維持します。(n = 0 〜 255)
L Rコマンド、又はパターン最後まで行った時の戻り先を指定します。
Rコマンドの後に書かれた場合は、キーオフ後のパターンにおける戻り先となります。
Rコマンド前でLコマンドを省略した場合、Rコマンドの直前のコマンドを繰り返します。
Rコマンド後でLコマンドを省略した場合、パターン定義最後のコマンドを繰り返します。
R 以後を、キーオフ後のパターンとします。
リリースのパターンを指定しない場合、キーオフ後もそのままパターンが継続されます。
(start,end,length)startからendまでlengthフレームで変化します。

例(Sample)

// 音量推移パターン
エンベロープ(0){	15 D10 14 13 12  L 11 11 10 10 9 9 10 10 R 9 8 7 6 5 L 4 4 3 3 2 2 3 3	}

音程推移(ビブラート)パターンの記法

音程推移(ビブラート)パターンの記法です。

Command Contens
n 音程値(n = -64 〜 63)(※16=100cent)
Dn 前回の音量値をn+1フレーム間維持します。(n = 0 〜 255)
L Rコマンド、又はパターン最後まで行った時の戻り先を指定します。
Rコマンドの後に書かれた場合は、キーオフ後のパターンにおける戻り先となります。
Rコマンド前でLコマンドを省略した場合、Rコマンドの直前のコマンドを繰り返します。
Rコマンド後でLコマンドを省略した場合、パターン定義最後のコマンドを繰り返します。
R 以後を、キーオフ後のパターンとします。
リリースのパターンを指定しない場合、キーオフ後もそのままパターンが継続されます。
(start,end,length)startからendまでlengthフレームで変化します。

例(Sample)

// 音程推移パターン
ビブラート(0){	0 D15 L 1 2 3 2 1 0 -1 -2 -3 -2 -1	}

数値の記法

0〜9で始まる数値は、10進数とみなします。
$で始まる数値は、16進数とみなします。
%で始まる数値は、2進数とみなします。

※数値は半角で記述して下さい。全角には対応していません。